お魚は健康食!お魚を毎日食べましょう!

梶木

梶木

分 類:スズキ目カジキ亜目マカジキ科マカジキ属 生息域:日本近海を含むインド太平洋の暖海域

学 名:Kajikia audax 英 名:Striped marlin

「まぐろ」の仲間ではありませんが、「まぐろ」に匹敵する味の良さ。

「かじきまぐろ」とも呼ばれますが、「まぐろ」の仲間ではありません。口先が槍のように長く伸びているのが特徴。体長4mにもなります。漢字で書くと「梶木」「舵木」。これは「梶木通し」「舵木通し」の略とされ、舵をとる木や船の底になる木(梶木)をも貫く角を持っている魚という意味です。かじき類はマカジキ科とメカジキ科に分かれますが、「めかじき」の「め」は「女」の意味です。関東ではまかじきを「男かじき(おかじき)」というのに対して、体つきが女性的なことから「女かじき(めかじき)」といいます。「まかじき」の「ま」は、カジキ類の代表的なもの、または一番味の良いものという意味です。

「かじき」として店頭に並ぶもののほとんどが「めかじき」です。生、冷凍切り身、漬け魚、その他の加工品など、販売形態も多様です。切り身にはしばしば、「トロ」「中トロ」「大トロ」などの表示が見られることも。また総菜コーナーや総菜店でも、煮つけ、照焼など定番的なものとなっています。切り身は黄色味を帯びたごく薄いピンク色です。旬は秋から冬。

「まかじき」は、高級料亭などで食され、一般の鮮魚店に並ぶことはほとんどない希少な魚です。昔は冠婚葬祭の席に並ぶ刺身といえば、「まぐろ」ではなく「まかじき」が中心でした。あっさりとして風味豊かな味わいは、「まぐろ」にも匹敵するといわれます。切り身はオレンジがかった赤色。旬は冬から春。

おさかなセールスポイント

  1. ●高たんぱく、低脂肪な健康にも嬉しい魚です!
  2. ●女性に嬉しいビタミンD・Eが豊富な魚!

出回り時期

活けは秋から冬にかけて多く、主な産地は、宮城県をはじめ千葉県、長崎県など。年末にかけて台湾からの輸入ものもあります。

栄養&機能性

カリウムが豊富。カリウムは、血圧を上昇させるナトリウムを体外に排出することにより血圧を下げる働きをします。ビタミンでは、カルシウムの吸収率を高めるビタミンD、抗酸化作用があり細胞の老化やがん化を防ぐといわれるビタミンEなどを多く含みます。また、血液を固まりにくくして心臓病や脳血管病を予防したり、脳や神経細胞の働きを活発にするといわれるDHAなどの不飽和脂肪酸も多く含みます。

かじきの食品標準成分表

おいしい魚介の選び方

切り身はみずみずしく張りのあるものを。

ほとんどが切り身で出回っています。身に張りがあってみずみずしく、盛り上がっているもの。赤いものよりもやや白っぽいものの方が脂がのっています。トレイにドリップが出ていないものを選びましょう。

お料理・活用方法

「めかじき」は照り焼きやフライに。「まかじき」は刺身がオススメ。

「めかじき」は冷凍物が多く、年間を通して利用できます。白濁してやや赤みがかった白身は、全体に脂が混ざり、独特の風味があります。血合いにクセがなく、まったりした味わい。身がやわらかく、脂がのっているので、照り焼きや味噌漬けなどに向いています。またバターや油との相性が良いので、フライやムニエルにも。トマトソースやホワイトソースで煮込むのもオススメです。

「まかじき」は刺身がオススメ。美しい色合いを活かし、三陸や関東では「まかじき」と紅白の刺身にする地域もあります。

産地などでは背ビレの下の筋の部分を「ハーモニカ」といい珍重しています。これを適当に切り、振り塩して1時間以上置いてからじっくりと焼き上げると、脂の旨味と独特の食感が味わえて美味です。

お店・ご家庭のレシピに加えてください! 美味しい食し方をご紹介

① 生食 刺身、カルパッチョ、セビチェ
② 焼物 ムニエル、バター焼き、焼き物(干物)、照り焼き
③ 煮物 煮つけ、味噌煮、トマトソース煮、ホワイトソース煮
④ 汁物 鍋、味噌汁、すまし汁
⑤ 油料理 フライ

よくある質問

Q.「まぐろ」の仲間ではないのに「かじきまぐろ」というのはなぜ?

A:「かじき」は以前は「まぐろ」の一種とされていました。生息域や魚体の大きさが似ていることから、そのように分類されていたようです。近年の遺伝子分析によって、スズキ目サバ亜目の遠い親戚ではあるものの、別の種であることが明らかになっています。




本サイトの内容は、産地・加工工場・市場関係者への取材をはじめ、多くの文献をひもとき、大阪や関西を中心とした流通、食文化をベースに構成しています。内容の不備や間違いなどございましたら、下記までご連絡をお願いいたします。関西の魚食文化を大切にし、魚食普及にお役立ていただけることを目的としております。
本サイトはリンクフリーです。リンクに関しては事前承諾・事後承諾、いずれも必要ございません。なお、写真の引用はご遠慮ください。
・お問合せ連絡先:osakana-zukan@suinaka.info