お魚は健康食!お魚を毎日食べましょう!

太刀魚・魛

太刀魚・魛

分 類:スズキ目サバ亜目タチウオ科タチウオ属 生息域:北海道~九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋、瀬戸内海

学 名:Trichiurus japonicus 英 名:Cutlass fish, Scabbard fish,Largehead hairtail,Ribbonfish

輝く太刀のような姿で、関西ではなじみの魚。淡泊な白身で食べやすくご家庭でも人気。

「たちうお」は、 年間を通して味が良く、スーパーなどでも切り身で売られる人気の高い魚です。やわらかい白身で脂肪分のあるわりに淡白、さまざまな料理に向き、塩焼き、煮つけ、ムニエルなど一般家庭でも調理しやすく、よく利用されています。近年は国産だけではなく、東南アジアなどから近縁種を冷凍輸入しています。新鮮なものは寿司ネタや刺身、薄造りとしても美味しく、昆布締めにしても美味しく召し上がれます。特に「たちうお」の由来ともいえる鮮やかな銀色を残した銀皮造りは、この魚ならではの食べ方です。

体長1.5m前後になります。銀白色で左右に平たく細長い帯状。ウロコ、尾ビレと腹ビレがなく、背ビレは長く、尻ビレは皮下に埋もれて見えません。産卵期は春から秋と長く、旬も産卵期に重なります。小型の時には甲殻類などをエサとしますが、成魚は肉食で、小魚、「いか」などを捕食するなど非常に貪食です。歯が非常に鋭く剃刀のようによく切れるので十分注意してください。メスの方が大きくなります。

市場に入荷して「たちうお」として売られる中には、「てんじくたち」という近縁種も少量ながら入っています。「たちうお」に比べると体高がやや高く、背ビレが黄色みを帯びています。輸入ものもありますが、宮崎、鹿児島などから入荷してきます。味わいは「たちうお」に劣りません。

「たちうお」の名前は、太刀に似た姿から「太刀魚」の名がつけられたといわれます。また一説には、頭を上にして獲物を探しながら泳ぐため「立ち泳ぎする魚」の意味とも。ウロコがなく、体全体が銀粉に覆われています。この銀粉は、グアニン色素というもので、古くは模造真珠のツヤ出しに使われていたこともあり、「たちうお」は、食材や高級練り製品の原料としてだけではなく、人工真珠や銀泊紙の材料としても活用される魚でした。

おさかなセールスポイント

  1. ●焼く、煮る、蒸す、揚げる、和風、洋風なんでもOKのお料理万能魚です!
  2. ●身離れが良いので、お子様にも食べやすい!
  3. ●魚が苦手でも、この魚は食べやすい!
  4. ●お手頃価格で美味しく食べられるお魚です!
  5. ●生活習慣病が気になる方にも嬉しい健康成分たっぷり!

出回り時期

初夏から秋が旬ですが、年間を通して入荷があります。釣りもの、大型のものは高級。小さなものは安値です。主な産地は、広島県をはじめ、長崎県、兵庫県、愛媛県、徳島県、大分県などです。

栄養&機能性

脂肪量がたんぱく質よりも多い珍しい魚です。DHAなどの不飽和脂肪酸も多く含みます。血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きや、脳細胞や神経組織細胞の発達や、機能維持に重要な役割を果たすと考えられている脂肪酸です。さらにオレイン酸も多いので、体内の酸化を予防しつつ、高脂血症を予防する効果を期待できます。
脂溶性ビタミンであるビタミンA、ビタミンD、ビタミンEが多いのも特徴で、とりわけビタミンDを豊富に含んでいます。ビタミンDは、歯や骨を丈夫に保つカルシウムの吸収を助けるビタミンです。成長期の子供や、骨粗しょう症が気になる女性にもオススメです。

たちうおの食品標準成分表

おいしい魚介の選び方

銀粉がはがれていないものが新鮮。
  • 鮮度が落ちると銀粉が剥がれてくるので、多く残っているものほど新鮮といえます。まぶしいくらいの鮮明な銀色のものを選びましょう。
    体長1mほどで600g前後のものが、脂がのって美味。1.5mを超えるものは大味ですが、張りがあり、身の厚いものが美味。背ビレと目の色あいが透明のものを選びましょう。国産ものは目が黒く、輸入物は目が黄色。
    切り身はやはり銀粉が剥がれていないものを。

お料理・活用方法

白身ならではの淡白な味わいで、塩焼きやフライ、ムニエルなど多彩。

旬は長く、夏場に安定して脂がのります。白身でやや水っぽいですが、身離れが良く、熱を通すと適度に締まり、旨味がぐんと増します。脂肪が多いわりにあっさりとした上品な味わいで、いろいろな料理に利用できます。

比較的鮮度落ちが早いですが、寿司ネタ、刺身や薄造りなどにしても美味。シンプルな塩焼きや、素焼きにしてみりん、しょう油をあわせたものをつけながら仕上げたしょう油焼きも美味しく召し上がっていただけます。脂があり身離れが良いので塩焼きなどはお子様でも食べやすいでしょう。ただし、身がやわらかく、皮が剥がれやすいので網などよりもフライパンなどでの調理がオススメです。バターとの相性も抜群に良いので、ムニエルもオススメです。フライや天ぷら、唐揚げにしても、中がジューシーで皮目に風味があり、美味しいものです。アラと内臓を水から煮出して塩味をつけた潮汁も美味。

和歌山県南部では“せごし”という料理が食されています。小振りの「たちうお」のヒレを落とし、三枚におろさずに薄く切り落としていきます。これを酢に漬け込んで、骨がやわらかくなったら塩、しょう油、ポン酢などで食べます。

お店・ご家庭のレシピに加えてください! 美味しい食し方をご紹介

① 生食 刺身、寿司ネタ、タタキ、酢締め、なめろう、酢の物
② 焼物 塩焼き、つけ焼き、西京漬け、幽庵焼き、ソテー、ムニエル
③ 汁物 潮汁、味噌汁
④ 干物 一夜干し、みりん干し
⑤ 油料理 天ぷら、フライ、唐揚げ
⑥ その他の料理 せごし(和歌山県南部)

よくある質問

Q.「たちうお」にまつわる伝説があると聞きましたが?

A:鎌倉幕府を倒した武将の新田義貞は、鎌倉を攻めるにあたり、引き潮を祈願して稲村ケ崎の海に太刀を投じ、勝利への突破口を開いたといわれています。「たちうお」はその太刀の生まれ変わりとする故事があり、川柳にも詠まれています。

「太刀の魚新田この方出来るなり」
「稲村が崎で取れるは太刀の魚」




本サイトの内容は、産地・加工工場・市場関係者への取材をはじめ、多くの文献をひもとき、大阪や関西を中心とした流通、食文化をベースに構成しています。内容の不備や間違いなどございましたら、下記までご連絡をお願いいたします。関西の魚食文化を大切にし、魚食普及にお役立ていただけることを目的としております。
本サイトはリンクフリーです。リンクに関しては事前承諾・事後承諾、いずれも必要ございません。なお、写真の引用はご遠慮ください。
・お問合せ連絡先:osakana-zukan@suinaka.info