お魚は健康食!お魚を毎日食べましょう!

鰙

鰙

分 類:サケ目キュウリウオ科ワカサギ属 生息域:島根県、利根川以北の本州、北海道

学 名:Hypomesus nipponensis 英 名:Pond smelt

氷上のわかさぎ釣りは、冬の風物詩。骨がやわらかく丸ごと食べられて味も良い。

「わかさぎ」には、海で成長して河川に上り産卵するものと、湖などに陸封されたものがいます。本来は河川の下流域や汽水域に見られるものでしたが、淡水域でも生きることができるため、日本各地の湖沼やダム湖などに移植されています。各地で佃煮や煮干しなど、たくさんの名産品を生み出しています。食用としてだけではなく観光資源としても重要です。湖面に張った氷に穴をあけて釣り糸を垂らすわかさぎ釣りは、冬の風物詩として多くの釣り人を呼び込んでいます。また、天ぷら、唐揚げ、フライなどのわかさぎ料理も人気が高く、これも観光での楽しみに寄与しています。

関西市場への入荷は、北海道や青森からももちろん入荷していますが、茨城県、滋賀県からが多くなっています。産卵期は春で、産卵期前の秋から冬場が旬。市場への入荷もこの時期が最も多くなります。産卵後は一年で死ぬものが多いが、二年生きるものも。大きさは10cm前後。名前の由来は、「わか=幼・清新」+「さぎ=細魚・小魚」であり、「清新な小魚」の意。漢字では「公魚」「若細魚」。「公魚」と書くのは、江戸時代霞ヶ浦の「わかさぎ」を将軍家に献上していたためといわれます。

「わかさぎ」に非常によく似た種の「ちか」は、淡水に入れないため海にしかいませんが、「わかさぎ」と混同して流通されることもあるようです。

おさかなセールスポイント

  1. ●天ぷら、唐揚げ、フライなど油料理に美味しいお魚です!
  2. ●カルシウムの宝庫!丸ごと食べられる栄養豊富なお魚です!
  3. ●女性に嬉しい!低カロリーで鉄分が豊富です!

出回り時期

少ないながらも通年出回りますが、ピークは9〜2月ごろ。北海道産は初夏にも出回り量が増えます。漁法は刺し網、定置網。主な産地は茨城県、滋賀県、北海道などがあります。

栄養&機能性

魚の中でもっともカルシウム含有量が高く、1尾あたり約100mg含みます。成人に必要な1日のカルシウム量を6~8尾でクリアできる計算です。丸ごと食べられるため、カルシウム補給に理想的。また低カロリーで鉄分も豊富なので、女性にオススメの食材です。

わかさぎの食品標準成分表

おいしい魚介の選び方

銀色に輝いているものを選びましょう。
  • 死んでから傷みが早いので、できるだけ新鮮な、透明感ある銀色で輝いているくらいのものを選びましょう。あまり白すぎるものは古い証拠。触ってかたいもの、張りのあるものを。
    内臓が飛び出しているようなものは選ばないようにしましょう。

お料理・活用方法

冬の味覚。揚げ物のほか、佃煮や焼物にしても美味。

旬は冬。寒い時期の子持ちは高値となり、人気が高いです。内臓やウロコ、皮、骨などはほとんど気にならないので、丸のまま食べることができます。熱を通してもかたくなりません。天ぷら、フライなどの揚げ物が代表的な料理。また、焼物にしても美味しく、素焼きにしてしょうがじょう油や酢じょう油をかけたり、塩焼きにしたり、タレをつけて焼いても美味しく召し上がっていただけます。

小振りのものは佃煮にしたり、大豆と煮たりして食べるのもオススメです。

お店・ご家庭のレシピに加えてください! 美味しい食し方をご紹介

① 生食 マリネ
② 焼物 素焼き、塩焼き、幽庵焼き、つけ焼き、しょう油焼き、木の芽焼き
③ 煮物 佃煮、しょう油煮、わかさぎと大豆の煮物、紅梅煮(長野)、甘露煮
④ 油料理 天ぷら、フライ、唐揚げ、かき揚げ

よくある質問

Q.「わかさぎ」と「ちか」はどう違うのですか?

A:どちらも同じワカサギ属の魚です。「わかさぎ」とよく似ていて、いわば「わかさぎ」の代用品として扱われているようです。「ちか」は海水魚で、春から初夏にかけて主に北海道から多く入荷してきます。「わかさぎ」より大ぶりで骨がややかたく、「わかさぎ」より安価なようです。ときどき「わかさぎ」と混同して売られていることもあるようです。
「わかさぎ」の尻ビレの前方端は、背ビレの端よりも前にありますが、「ちか」は逆に尻ビレの前方端が後方にあることで見分けることができます。




本サイトの内容は、産地・加工工場・市場関係者への取材をはじめ、多くの文献をひもとき、大阪や関西を中心とした流通、食文化をベースに構成しています。内容の不備や間違いなどございましたら、下記までご連絡をお願いいたします。関西の魚食文化を大切にし、魚食普及にお役立ていただけることを目的としております。
本サイトはリンクフリーです。リンクに関しては事前承諾・事後承諾、いずれも必要ございません。なお、写真の引用はご遠慮ください。
・お問合せ連絡先:osakana-zukan@suinaka.info