毎月10 日は、お魚を食べましょう!

大阪で鮮魚・水産加工品の買い出し・仕入は大阪市水産物卸協同組合にお任せあれ!

大阪市中央卸売市場本場 大阪市水産物卸共同組合

産地と食を繋ぐのが、私たち仲卸です大阪市水産物卸協同組合について

目利きのプロがお届けする旬の旨い水産物ご紹介



すいなか情報

平成30年9月7日(金)東北復興支援 消費地商談会を開催しました

2018年9月21日 金曜日

昨年の商談会から規模も拡大し、33 社のブースが出展。
現在、人気の商品の紹介や新商品など商品のご紹介もあり、卸、仲卸の担当も含め、多くのバイヤー
様にもお越しいただき、盛況な会となりました。

【場所】大阪市中央卸売市場本場 16 階大ホール

【主催(共催)】復興水産加工業販路回復促進センター構成員 公益財団法人 日本水産資源保護協会
大阪市水産物卸協同組合

 

 

 


東北復興支援 水産加工等の消費地商談会 出展企業ご紹介
【青森県】(株)ディメール、(株)味の加久の屋、(株)ヤマヨ、(株)八戸フーズ、マルヨ水産(株)、武輪水産(株)
【岩手県】(有)早野商店、(有)木村商店、(有)中村家、(有)小が理商店、マルヤマ山根商店、共和水産(株)、古須賀商店、田老町漁業協同組合、(株)國洋、元正榮 北日本水産(株)、及川冷蔵(株)、(有)コタニ、大船渡市漁協赤﨑支所 蛸浦カキ組合、(有)コマツ商店
【宮城県】岩手県産(株)、(株)三陸オーシャン、(株)塩釡水産食品、にほん海洋牧場(株) みやぎ海洋本部、(有)マルキチ阿部商店、(株)ヤマサコウショウ、富士國物産(株)、(株)ヤマトミ、瀧口商店、(株)カネシゲ高嶋商店
【福島県】福島県漁業協同組合連合会、(株)マルフリーズ
【茨城県】小沼水産(株)

 

 【青森県】(株)ディメール】
<出展>業務用・個食用スモークサーモンスライス、鯖の冷燻、切れてるしめさばシリーズなど
おもに地元八戸市のブランド鯖「八戸前沖さば」を主原料とした、しめさば、燻製、冷凍寿司、焼き鯖寿司を製造販売、「北限の鯖」の美味しさを、全国のみなさまへお届けします。
HP:http://www.de-mer.com

 【青森県】(株)味の加久の屋
<出展>氷頭柑橘仕立て・梅肉入り、中華風ホタテグラタン、さば甘酢、帆立貝ひも、浜焼き帆立醤油ダレなど
美味しさひとしお、磯の香りただよう深い味わいに、贈る真心を託して「北三陸・八戸」の味をお届けします。
HP:http://www.kakunoya.co.jp

 【青森県】(株)ヤマヨ
<出展>大振りしめさば、銀の〆いわし、3種の野菜とさばのサラダ、だしが活きたいか塩辛、いか刺し松前漬け、だしが活きたいか飯の素など
一般社団法人大日本水産会より本社第二食品工場・団地食品第二工場・団地練製品工場がHACCP の認定を受けており、認証商品として、しめさば・ちくわ等がございます。
HP:http://www.yamayo.info

【青森県】(株)八戸フーズ
<出展>いか軟骨炭火焼きこってり醤油味などいかの加工品やさば炭焼き、さば味噌煮、さわら塩〆炙りロインなど
業務用寿司種、焼魚・煮魚を中心に自社独自の製法で製造販売しています。近年の人手不足問題に対応して盛り付けるだけ、温めるだけ等省力化への提案もいたします。
HP:http://www.tohokusuisan.jp/info_kigyo/id/1/
より引用

【青森県】マルヨ水産(株)
<出展>人気のかもめちくわ、スーパーとろしめさば、鮭の骨 水煮缶詰など
昭和25年の創業以来一貫して「海がつくる豊かで多彩な食文化」 を提唱し続けてまいりました。 “新鮮な素材の持ち味、自然の滋味を生かした美味しさを提供する”ことがマルヨ水産の変わることのない企業理念です。
HP:http://www.e-maruyo.com

 【青森県】武輪水産(株)
<出展>いわしのマリネ、〆いわし、身欠きフグ、さば水煮、さば味噌煮、さばトマト煮、いわし醤油煮など
武輪水産は、うみねこの繁殖地である天然記念物蕪島と鮫浦のある鮫町に創業。八戸港に水揚げされる良質な魚をよりおいしく加工してお客様にお届けしたい、その思いで今日まで八戸の港と共に育ってまいりました。
HP:http://www.takewa.co.jp

 【岩手県】(有)早野商店
<出展>牡蠣佃煮、あみっこの旨味噌、ほたてのたまごのおかず味噌など
日本三大鍾乳洞を誇る岩手県岩泉町。早野商店で扱う牡蠣は“花見かき” と呼ばれ、宮古湾で獲れる希少な牡蠣を使用しています。商品の全ては、合成着色料、保存料、化学調味料などを一切使用せずに製造しておりますので、安心してお召し上がりください。
HP:http://i-hayano.jp

 【岩手県】(有)木村商店
<出展>さんまの燻製・ベビーほたての燻製のオルーブオイル漬け、ほたてグラタン、三陸鮑松前漬けなど
新鮮な素材を中心に使い、昔ながらの純手造り、しかも無添加にこだわり商品造りをおこなっています。木村商店が目指すのは、当地に代々伝わる、あったかくて、懐かしいおふくろの味です。
HP:https://tokkuri.co.jp

 【岩手県】(有)中村家
<出展>三陸海宝漬、うに海宝漬など
中村家では、地元食材にこだわり、料理人の厳しい目利きによって直接買い付けを行う事で、質の良い食材を選んでいます。そして、漁獲高が不安定な天然食材を、皆さまのお手元に安定して届けることができるよう日々勤めています。
HP:http://www.iwate-nakamuraya.co.jp

 【岩手県】(有)小が理商店
<出展>たら味噌、秋刀魚寒風干し、秋刀魚のフィッシュカレー、するめいか開きなど
三陸魚業の中心地「宮古湾」で創業より100 年。引き継がれる老舗の伝統の味を大切に、「安心・安全」をモットーとして水産加工品を製造販売しています。
HP:http://www.ogari.jp

 【岩手県】マルヤマ山根商店
<出展>宮古縄文漬鮭、宮古縄文漬さんま、
昆布〆味噌仕込はらこ、さけ紅葉づけ、甘酢仕込昆布〆さんま、時不知など

縄文漬とは、三陸近海で漁れた新鮮な魚を当店特製の米ぬかに漬け込んで熟成させたものを天日干しにした干物です。少量の塩で干すので柔らかく美味しい干物にしあがります。
HP:http://0-8-0.com

 【岩手県】共和水産(株)
<出展>三陸産いかそうめん、三陸産ミニ海鮮丼、真いかぶっかけ丼など
当社の「いかそうめん」へのこだわりは、1回のみの凍結方法、ワンフローズンです。いかの水揚げ地に近い立地を活かし、買付後すぐに加工処理され、凍結していますので、一番美味しい状態に近いいかを召し上がっていただけます。
HP:http://www.kyowa-suisan.co.jp

 【岩手県】古須賀商店
<出展>わかめ佃煮、昆布椎茸佃煮、めかぶ佃煮、茎わかめ生姜漬けなど
江戸時代に創業し、水産加工物の製造販売をおこなっています。宮古の特産品をさまざまに加工して全国に届けたいと、観光みやげだけでなく、地元の食卓を彩る数々の逸品をつくり出しています。
ドコモ東北復興・新生支援
「笑顔の架け橋Rainbow プロジェクト」内:http://rainbow.nttdocomo.co.jp/
enterprise/detail/150/

 【岩手県】田老町漁業協同組合
<出展>真崎わかめ、とろろ昆布、わかめソルトなど
実直な漁師が大切に育てた「真崎わかめ」。肉厚で、緑濃く、他では味わえない独特の歯ごたえと風味、旨味。すべてが上質なわかめです。ぜひ一度ご賞味ください。
HP:http://www.masaki-wakame.com

 【岩手県】(株)國洋
<出展>レンジ対応イカフリッター、レン
ジ対応タラフリッター、イカキムチフライ、イカ磯辺フライなど

イカ製品を中心に製造販売しています。私たちは安全・安心な食品を提供するプロとして、手造りにこだわり長年培った加工技術と調理技術をもとに高品質・高付加価値商品をつくっています。
HP:http://kokuyo-iwate.jp

 【岩手県】元正榮 北日本水産(株)
<出展>岩手県産活鮑、岩手県産あわびの
くん製、鮑の肝ソースなど

岩手県大船渡市の産業振興、名産ブランド品の全国普及、安定した供給力とリーズナブルな価格形成などを目指し、およそ30年前にアワビ生産会社を創業しました。当時としては画期的な「陸上養殖事業」を柱とし、アワビで世界を結ぶ架け橋を目指しています。
HP:http://www.kitanihon-suisan.com

 【岩手県】及川冷蔵(株)
<出展>天日干し骨抜き一口さんま、さんまひつまぶし、さんま甘露煮、さんま味醂干し、さんま開き干しなど
熟練の目利きによる品質高い魚を見極め、市場から近い立地を活かした迅速で丁寧な製品づくりをおこなっています。安全・安心かつ三陸ならではの美味しさを追求し、水・塩にこだわり、ひとつひとつ丁寧に仕上げています。
HP:http://oikawaya.co.jp

 【岩手県】(有)コタニ
<出展>岩手産カットわかめ、岩手産糸くきわかめ、岩手産きざみ昆布、国産寒天海藻ミックス、岩手わかめご飯の素など
岩手県大船渡市三陸町で「岩手産わかめ」を中心とした海藻の加工をしております。乾燥品・塩蔵品・冷凍品と用途に合った商品をご提案いたします。
HP:https://www.kotani-food.com

 【岩手県】大船渡市漁協赤﨑支所 蛸浦カキ組合
<出展>生食殻付カキLL・L・M サイズ
高いレベルとこだわりの養殖方法で厳選された牡蠣を直送しています。種はさみからかぶ分け、耳吊り作業までひとつひとつ丁寧に手作業でおこなっています。三年物の大きく成長した牡蠣を出荷時期に温湯処理をおこなうことで殻の成長を止め、牡蠣の身の成長を促進させ、大きくて美味しい“赤崎産の牡蠣” が誕生します。
HP:http://www.jfofunato.or.jp

 【岩手県】(有)コマツ商店
<出展>冷凍かつおたたき、骨まで食べら
れるにしんの塩焼きなど

骨まで食べられるお魚シリーズや独自の製法でつくられるカツオのたたきの炙り製品など、お客様の様々なニーズに対応しています。煮魚、焼き魚の他に、鮮魚・冷凍魚の卸売もおこない、消費市場や県内外ホテル、レストラン、飲食店、スーパーなどに商品をお届けしています。
HP:https://www.komatsu-shouten.com

 【宮城県】岩手県産(株)
<出展>国産サバのオリーブ漬、国産サバのレモンバジル味、国産サバのパプリカチリソース味など
「Ça va(サヴァ)? 缶」は「(一社)東の食の会」と岩手県釡石市に工場をもつ「岩手缶詰(株)」と「岩手県産(株)」によって、東日本大震災で衰退した被災地三陸からオリジナルブランドの加工品を発信しようと、国産サバを使用したオリジナルの洋風缶詰として誕生しました。
HP:http://www.iwatekensan.co.jp

 【宮城県】(株)三陸オーシャン
<出展>三陸殻つきボイルほや、三陸へそほや、三陸ほやむき身、赤ほや塩からなど
独特の味わいがあり、鮮度が良好な状態であればあるほど、癖がなく爽やかな味わいになると言われ、その見た目や食感から獲れたての「ほや」は「海のパイナップル」として多くの方に親しまれています。宮城県は日本一のほやの産地。2011 年の震災で壊滅的な被害を受けてしまいましたが、ようやく本場のほやが復活しました!
HP:http://www.sanriku-hoya.com

 【宮城県】(株)塩釡水産食品
<出展>紅鮭切身筵巻き山漬け(甘口・中辛・辛口)など
伝統的な製法で昔ながらのおいしさを守り、最新の設備で品質を守り、お客様の食卓に安全で高品質な紅鮭製品をお届けいたします。最上級のロシア産紅鮭を使用、伝統製法にこだわった逸品を、ご家庭で、お気軽に。
HP:http://sk-miyagi.co.jp

 【宮城県】にほん海洋牧場(株) みやぎ海洋本部
<出展>銀鮭 冷凍トリムE・C、銀鮭極み漬仙台味噌・塩麹・味醂・西京味噌・熟成塩・甘口山漬・銀鮭荒ほぐし、のり浅炊きなど
稚魚~加工までの一環生産体制で、水揚げ後すぐに活〆し、加工した新鮮な銀鮭のみを「極み鮭」と呼んでいます。鮮度はもちろん、使用している餌も上質なオリジナル配合の餌を使用しているため抗酸化作用のあるアスタキサンチンが豊富で臭みも無く、銀鮭本来の美味しさが味わえます。
HP:https://mg-kiwami.com

 【宮城県】(有)マルキチ阿部商店
<出展>さきほや、ほや煮、ほや卵、ほや塩辛、リアスの詩(さんま昆布巻・鮭昆布巻・あなご昆布巻)など
昔ながらの手づくりにこだわって製品づくりをしています。人の手ならではの丁寧で緻密な仕事とあたたかさで、心をこめてひとつひとつ昔ながらの家庭の味で仕上げていきます。時間がかかっても手づくりで本物の味を追求し、お客様に満足していただくことが、創業から続くこだわりです。
HP:https://kobumaki.jp

 【宮城県】(株)ヤマサコウショウ
<出展>金華銀鮭、魚醤干し、三陸産銀鮭フィレ、三陸産銀鮭 ロイン・定塩フィレ、金華鯖魚醤干し、ボイルヤリイカなど
ヤマサコウショウは創業80年を越す歴史があります。ふるさと石巻の海に育まれながら「健康で豊かな食文化を創造する企業」の理念のもと、安全安心にお召し上がり頂ける三陸の美味を追い求めてきました。
HP:https://www.yamasakousho.co.jp

 【宮城県】富士國物産(株)
<出展>三陸産カットわかめ、金華わかめ、理由あり湯通し塩蔵元付茎若布、茎わかめ(しば漬け・中華・柚子胡椒)、七福藻など
弊社は、湯通し塩蔵わかめを中心とした海産物の卸販売、加工販売、小売り販売を営んでいます。主に三陸で生産され、塩蔵・乾燥等の一次加工を施された湯通し塩蔵わかめ、湯通し塩蔵昆布等を主に卸売業者向けに販売するほか、一部は原材料として加工業者向けに販売しています。
HP:http://www.fujikunibussan.com

 【宮城県】(株)ヤマトミ
<出展>煮焼き穴子、金華さばのハンバーグ(トマト・和風)、さばフレーク、さばの塩焼きなど
石巻の沖合、金華山沖漁場は、世界三大漁場の一つとして200種類以上の魚が水揚げされています。ヤマトミでは、この豊かな恵みに感謝し、震災後ご支援いただいた皆様への感謝の想いを胸に、水産業の復興と共に石巻発の美味しさをお届けしてまいります。
HP:http://yamatomi-isi.com

 【宮城県】瀧口商店
<出展>三陸産しば漬け、あかもく松前、三陸産茎わかめ醤油漬け、にんにく茎わかめ、あかもくなど
全国的にも有名な宮城県産牡蠣の旨みを閉じ込めるために、新鮮な生牡蠣の状態から炊き込んでいます。ひとつひとつその時の状態を見極めながら最適な味付けをしています。大量生産はできませんが、その分丹精込めた優しい味付けが私の自慢です。
HP:https://takiguchi-s.jp

 【宮城県】(株)カネシゲ高嶋商店
<出展>開き縞ホッケ、開き赤魚、吉次一
夜干しなど

和三十三年の創業から代々受け継がれる製法でじっくり時間と手間をかけた基本に忠実な干物が農林水産大臣賞を受賞。日本一に輝いた職人技が光る基本に忠実な仕事ならではの最髙級干物です。
HP:http://kaneshigehimono.com

 【福島県】福島県漁業協同組合連合会
<出展>さばフィレ、塩さばフィレ、さんまぽーぽー焼き、福島海の宝、かつおフレーク油缶詰など
地元水揚げの中心である多獲性大衆魚を食料・加工・餌料・缶詰原料などとして、また、海外向輸出・養殖漁業用餌料の供給などにより、漁業の再生産を持続できる産地魚価の形成に努めています。
HP:http://www.fsgyoren.jf-net.ne.jp

 【福島県】(株)マルフリーズ
<出展>冷凍あおさのり
通常では非常に手間の掛かる、異物除去作業を得意とし、葉体表面の汚れも洗浄しているため、ヒトエグサ本来の風味を引き出した商品です。無添加・無着色にこだわった安全で安心なあおさのりをお届けさせていただきます。

 【茨城県】小沼水産(株)
<出展>わかさぎ飴煮、くるみ小女子、ほたてうま煮、しじみうま煮、あさり佃煮、生あみ佃煮、小えび甘露煮など
小沼水産では、創業以来佃煮作りに取り組み 伝統の手法は守りつつ美味しい佃煮造りに日々努力を重ねています。時代によって変化する味覚についても常に研究を続け、現代人のもとめる美味しさをご提供していきます。
HP:http://www.onumasuisan.co.jp

「すいなか情報」No.1015 発行

2017年7月11日 火曜日

掲載記事内容:

・全水卸組連 早山豊氏が新会長就任 大阪市内で第39回定時総会…7.6食品市場新聞

・近畿地区卸組連 木本会長を再任 卸売市場・仲卸の意義発信…6.23日刊水産経済新聞

・農水省6次産業化調査 水産8%増収2212億円 15年度 加工が8割占める…6.29みなと新聞

・アニサキス発見容易に 青色フィルム通し検査 イシダの「i-spector」…7.5みなと新聞

・16年中食市場拡大7.5兆円 日本フードサービス協 3年連続5%伸長…7.6みなと新聞

・日本スーパーマーケット協力¥、総会後に会見 軽減税率廃止など訴える…7.7日刊水産経済新聞

・「ウナギ食べたい」約7割 高くても国産72.6%…7.3日刊水産経済新聞

詳しい記事内容を見るにはこちら→

「すいなか情報」No.1014 発行

2017年5月23日 火曜日

掲載記事内容:

・惣菜市場9兆8399億円 28年は前年比102.7% 「CVS」「食料品スーパー」伸びる…5.18日刊水産経済新聞

・うおいち、減収増益 商品事業本部がけん引…5.18日刊水産経済新聞

・大水、減収減益に 真部社長「仲卸との取引・連携強化」推進…5.18日刊水産経済新聞

・家計支出調査(3月)サケ、イカ、アジ大幅減

・アマゾンフレッシュ…5.15日刊水産経済新聞

詳しい記事内容を見るにはこちら→

「すいなか情報」No.1013 発行

2017年5月17日 水曜日

掲載記事内容:

・小売が日曜営業提案 年末年始も商機訴え体制改善を…5.12みなと新聞

・神明がゴダック子会社化…5.12みなと新聞

・非常な決断 JR大阪駅ビルから追い出される「デパ地下」…激流5月号より

・スルメイカなど主要種軒並み減産…5.8みなと新聞

・FAOデータから見る世界水産教室「マグロ類」…5.8みなと新聞

詳しい記事内容を見るにはこちら→

「すいなか情報」No.1012 発行

2016年12月13日 火曜日

掲載記事内容:

・水研機構資源評価会議 「スルメ」大幅減少、「マサバ」中位水準、「ブリ」高位水準…12.5日刊水産経済新聞

・「水産・食品大手4社の4〜9月期連結業績」、「水産・食品大手4社 2017年3月期の連結業績予測…11.9みなと新聞

・政府の活力創造本部 「市場法」抜本見直しに言及…12.8みなと新聞

・16年おせち料理調査(紀文まとめ) 費用「減らした」3割…12.1みなと新聞

・回転寿司5%増6043億円 スシローなど上位3社成長けん引…11.15みなと新聞

詳しい記事内容を見るにはこちら→

水産関係の業界紙の記事を集めて作成しています。
「カテゴリー」より「すいなか情報」をお選びいただければ過去の記事をご覧いただくことができます。

「すいなか情報」No.1011 発行

2016年12月9日 金曜日

掲載記事内容:

・大阪本場 活気あふれる即売ブース 85周年「市場まつり」に3万8500人…11.22食品市場新聞

・若手仲卸経営者に聞く 三恒 三上正剛社長…12.7みなと新聞

・若い世代ほど外食利用…11.22食品市場新聞

・競争力強化プログラム決まる 全農が改革の方向決定へ…12.2中央市場新聞

・うおいち・大水 塩干品の価格高目立つ 正月商品の入荷・価格予想…12.8食品市場新聞

・需要創出へ業界一丸 機能性食品、記念日制定 5月5日をかずの子の日…11.14みなと新聞

詳しい記事内容を見るにはこちら→

水産関係の業界紙の記事を集めて作成しています。
「カテゴリー」より「すいなか情報」をお選びいただければ過去の記事をご覧いただくことができます。

「すいなか情報」No.1010 発行

2016年8月26日 金曜日

掲載記事内容:

・ねり・冷食 初の機能性表示食品 日本水産が12品種特…8.18みなと新聞

・カズノコの機能性、世界で評価…8.23みなと新聞

・過酸化水素、年内基準緩和へ シラス加工で使用可能に…8.17日刊水産経済新聞

・墨魚点滴…8.2みなと新聞

・サンマ 大不漁の前年下回る恐れ…8.1みなと新聞、8.18日刊水産経済新聞

・中国の購買力が突出…8.22日本経済新聞

詳しい記事内容を見るにはこちら→

水産関係の業界紙の記事を集めて作成しています。
「カテゴリー」より「すいなか情報」をお選びいただければ過去の記事をご覧いただくことができます。

「すいなか情報」No.1009 発行

2016年8月22日 月曜日

掲載記事内容:

・IT×鮮魚流通 八面六臂の流儀 上 鍵は物流  3温度帯自社配送…8.12みなと新聞

・IT×鮮魚流通 八面六臂の流儀 中 「ぼくらはインフラ商売」飲食店の仕入の悩み解決…8.17みなと新聞

・IT×鮮魚流通 八面六臂の流儀 下 年会費払えば配送無料 国内は今後も1都3県展開…8.18みなと新聞

・OUGHDが営業黒字化 連結市場外卸の業績が改善…8.17みなと新聞

・豊洲市場にも「業務用水」…8.17日刊水産経済新聞

詳しい記事内容を見るにはこちら→

水産関係の業界紙の記事を集めて作成しています。
「カテゴリー」より「すいなか情報」をお選びいただければ過去の記事をご覧いただくことができます。

「すいなか情報」No.1008 発行

2016年8月18日 木曜日

掲載記事内容:

・秋漁来遊、厳しい見通し 「序盤」の相場高騰に警戒感…8.12日刊水産経済新聞

・墨魚点滴…7.8みなと新聞

・水産・食品大手4社4〜6月期連結…8.10みなと新聞

・スーパー全店の6月 売上高1.2%増 食料品が好調…8.10日経流通新聞

・伸びる外食・中食市場…7.10みなと新聞

詳しい記事内容を見るにはこちら→

水産関係の業界紙の記事を集めて作成しています。
「カテゴリー」より「すいなか情報」をお選びいただければ過去の記事をご覧いただくことができます。

「すいなか情報」No.1007 発行

2016年8月10日 水曜日

掲載記事内容:

・食用魚介類自給率が59% 15年度国産少なく1ポイント減…8.4みなと新聞

・世界の魚消費最高 FAO報告14年 アジア、途上国けん引…7.11みなと新聞

・15年全国漁業就業者数 4%減16万7000人…7.8みなと新聞

・16年度世界養マグロ 6年連続増産4万トン台…8.4みなと新聞

・26年ぶり 低水準100万トン1〜6月水産物輸入 円高も2%減…7.28みなと新聞

・日本アクセス展示会 500社出展 5000人来場、活発に商談…7.28みなと新聞

詳しい記事内容を見るにはこちら→

水産関係の業界紙の記事を集めて作成しています。
「カテゴリー」より「すいなか情報」をお選びいただければ過去の記事をご覧いただくことができます。

「すいなか情報」No.1006 発行

2015年5月30日 土曜日

掲載記事内容:

・卸売市場の流通再構築 検討会の報告…4.28、5.1、5.8、5.12、5.15中央市場新聞

・水産大手4社 前期連結決算 食品部門業績で明暗…5.19みなと新聞

水産関係の業界紙の記事を集めて作成しています。
「カテゴリー」より「すいなか情報」をお選びいただければ過去の記事をご覧いただくことができます。

「すいなか情報」No.1005 発行

2015年4月28日 火曜日

掲載記事内容:

・卸売市場の流通再構築 検討会の報告…4.17、4.21、4.24中央市場新聞

・本場2499億、東部915億円、大阪南市場26歴年取扱い高纏る…4.17中央市場新聞

・どうなる市の市場 大阪“都構想”の行方次第…4.21中央市場新聞

・「養殖」が「漁業」上回る 世界の漁業・養殖業生産…4.20水産経済新聞

・業界最大の養殖マグロ生産量に 人工種苗専用の施設設置…4.23水産経済新聞

・“機能性表示”8件を受理 消費者庁6月にも市場デビュー…4.22みなと新聞

・正しい和食の継承へ 学校給食でダシ提供なども…4.22水産経済新聞

水産関係の業界紙の記事を集めて作成しています。
「カテゴリー」より「すいなか情報」をお選びいただければ過去の記事をご覧いただくことができます。


 次のページ >>